2013年11月15日

*お茶カフェ

お茶屋さんで飲むお茶のおいしさにはまってます。
今回は初めてのお店。心斎橋にある宇治香園さんの「日本茶喫茶 ととやとや」。

お茶販売の奥にある、薄灯りのカウンターは高級料亭のよう。(行ったことないけど)
流れるような手つきで茶缶から葉を取り出し、高いところから急須でお湯を注ぐ店主の方。
もうお茶を淹れるところから魅了されました!
(ナイスミドルで執事感満載だったところも高ポイント)
テンション上がりまくったけど、お店の雰囲気に合わせて大人しく我慢。

私は玉露満喫コースをいただきましたよ。
gyokuro.jpg
お茶っ葉が入ってる茶器は「宝瓶(ほうひん)」というそうです。
玉露は40度〜60度と温めのお湯を使うので、持ち手がなくても大丈夫。
白い長方形のものは、お茶請けの豆の落雁。
お盆のお供えの落雁は苦手だけど、これはほんのりした甘味で美味しい。

でも。
玉露の一杯めには、何もいらない。
旨みがすごく濃ゆくて、お店でも「スープ」と表現してあったけど、まさに。
舌がざわざわーっと一斉にアミノ酸を感じる!日本人の遺伝子が騒ぎ出す!!
コーヒーで言うところのエスプレッソです。(飲めないけど)

三煎いただいてから、お茶っ葉を食べます。
gyokuro_leaf.jpg
いつものところはポン酢なのですが、こちらはだし醤油で。
(ワイングラスのような容器に入ってるのもおしゃれだ!)
柔らかく普通のおひたしみたいで、ほろっとした苦さがやみつきになります。
お茶を飲んでる時に見た葉の量より減っちゃってる気がして残念。全部食べるよ!

そしてお店を出る頃には、なんだか心も体もすっきり。
これは気分的なものでもなくて、玉露に多く含まれるテアニンの効果だそうです。
玉露満喫コース¥1,050とお高いですが、このリフレッシュ感が得られるのであれば妥当かと。
お茶のイメージが変わるのでオススメです。
posted by おくっく at 16:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日のコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても美味しそうで疲れてゆっくり休みたい時とかよさそうですね(^_^)

来年からは大阪が近くなるので私も行ってみたいです
Posted by 夏美 at 2013年11月16日 19:59
>夏美さん
昔から何度も行き来してたところなんだけど、今になってようやく興味がわくなんて。年齢だよね、きっとw
そんなにたくさんの人数では無理だろうけど、機会があればみんなでほっこりしに行きたいねぇ。
Posted by おくっく at 2013年12月01日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック